NICO DIDONNA(ニコ・ディドンナ)


1964年イタリアのバリ生まれ。
1983年にロンドンカレッジオブファッションHNDテーラリングコースを卒業。

1987年、バーウィックストリートに初の路面店を開店。
その後、2004年にダービーストリートに移転。

2007-08年秋冬シーズン、ロンドンコレクションのオフスケジュールで
初めてのショーを開催。








『着心地の良さ』  と  『体型をカバーするシルエット』
を生み出す天才的な立体裁断が特徴の NICO DIDONNA。
ハンドメイド、あるいはそれに近い作り方が多い。

ブランドを象徴するペイントは、Nicoが自らブラシを持って書きまくる。
同じものがふたつとない。
その場の思い付きで、非常におもしろい。

イタリア人であるNicoは、常に情熱的。
特に服を語り始めると熱くなる。
小柄な男が大きく見える瞬間。
鋭く輝いた芸術家の瞳にひきつけられる。

ショーではいろんなタイプのモデルを採用する。
小柄な、あるいはガッシリ体型、またバランスの崩れた・・・。
もちろん完璧なモデルも。
それは、すべての人がパーフェクトな体型ではないから。

Nicoの服を着ていると、自分がどんどん磨かれていくのがわかる。
そしてNicoにはまる。

バイヤーが初めてNicoの服に袖を通した時、 久しぶりの感動を味わった。

「彼はすごい!」